NIFの楽園

主にAndroidスマートフォンやアプリに関する紹介

ホームアプリ【Microsoft Launcher】カスタマイズと使い方ー6.ジェスチャー編

2019/05/20

 「Microsoft Launcher」には、ホーム画面上やアイテム上をスワイプ(ジェスチャー)することで、アプリ(含むショートカット)を起動したり、ツールを動作させたりすることができます。

・スポンサーリンク


※レビューVer:5.4.1(まだベータ版)
※レビュー端末:AQUOS sense plus(SH-M07) Android 8.0

『ホームアプリ【Microsoft Launcher】カスタマイズと使い方』関連記事

ホームアプリ【Microsoft Launcher】カスタマイズと使い方ー1.ホーム画面編
ホームアプリ【Microsoft Launcher】カスタマイズと使い方ー2.ドック編
ホームアプリ【Microsoft Launcher】カスタマイズと使い方ー3.アプリドロワー編
ホームアプリ【Microsoft Launcher】カスタマイズと使い方ー4.検索バー編
ホームアプリ【Microsoft Launcher】カスタマイズと使い方ー5.壁紙とテーマ編
ホームアプリ【Microsoft Launcher】カスタマイズと使い方ー6.ジェスチャー編

ホームアプリ【Microsoft Launcher】を利用して、アプリロックを掛ける裏技

1.ホーム画面上のジェスチャー

1)ジェスチャーの種類

・ジェスチャーの設定画面

①ホーム画面が表示されているときに「ホーム」ボタンをタップ
②ホーム画面上を上にスワイプ
③ホーム画面上を下にスワイプ
④ホーム画面上を2本指で上にスワイプ
⑤ホーム画面上を2本指で下にスワイプ
⑥ホーム画面上をダブルタップ
⑦ホーム画面上をタップして、もう一度タップしてそのまま下にスワイプ
⑧ホーム画面上をタップして、もう一度タップしてそのまま上にスワイプ
⑨ホーム画面上をピンチイン
⑩ホーム画面上をピンチアウト

 初期設定で、各ジェスチャーに動作が割り当てられていますが、端末メーカーの独自のジェスチャー機能や誤作動して?となることもあるので、一旦は、「なし」にしておいた方がいいと思います。
 
2)動作する機能

①アプリドロワー画面を表示
②通知パネルを表示
③クイック設定パネルを表示
④検索画面を表示
⑤端末をロック
⑥ホーム画面の設定をロック
⑦拡張されたドックを全表示
⑧ホーム画面のホームページを表示
⑨ホーム画面の編集モードを表示
⑩「Microsoft Launcher」の設定画面を表示
⑪フィード画面を表示
⑫「Microsoft Launcher」の設定の「アカウント」画面を表示
⑬最近のタスク画面を表示
⑭アシストアプリ(例えばGoogleアシスタント)を起動
⑮ステータスバーの表示/非表示の切り換え
⑯「Microsoft Launcher」の設定の「バックアップと復元」画面を表示
⑰壁紙の切り換え
⑱Cortanaを起動※日本では利用不可
⑲アプリ起動
⑳ショートカット起動

 ほとんどの動作が、他の操作でも可能なものなので、あえてジェスチャーに割り当てることもないと思いますが、この中で、もっとも利用価値のある機能は、「画面ロック」です。
 電源ボタンを押下すれば、手動で画面をオフにできますが、ハードボタンをあまり酷使したくないので、一定時間操作しないと自動的に画面オフする時間を短めに設定していますが、それでも、利用しなくなったら即画面をオフにしたいものです。
 端末メーカーによっては、独自に手動で「画面ロック」できる機能を備えていますが、レビュー端末の「AQUOS sense plus(SH-M07)」には、残念ながらそれがありません。
 この機能を利用することによって、手動での「画面ロック」が即できるようになったので、非常にうれしく思っています。

・「画面ロック」の方法

・ロック解除するときに、指紋認証が利用できない「デバイスアドミニストレーター」

・ロック解除するときに、指紋認証が利用できる「タイムアウト」
の2通りがあります。

2.アプリ(ショートカット)アイコン上のジェスチャー

 アプリアイコン上またはショートカットアイコン上をスワイプしても、ツール等が動作する機能を割り当てることができます。
 動作する機能は、1.2)のホーム画面上のジェスチャーと同じになります。

 どのようなときに有効利用できるのか考えてみましたが、たとえば、ショートカットアイコンをスワイプしたら、その元のアプリを起動できるとか。

-Microsoft Launcher
-, ,