NIFの楽園

主にAndroidスマートフォンやアプリに関する紹介

【OPPO Reno A】端末の利用状況を教えてくれる『Digital Wellbeing』の使い方

2021/05/16

 「Digital Wellbeing」は、端末を使いすぎないよう利用者に促すために、Googleによって導入された Android 9.0 からの機能です。



Amazon.co.jp
★★OPPO Reno3 A ホワイト【日本正規代理店品】 CPH2013 WH

【Android 11】にアップグレードされて、かなり使いやすくなっています。
「OPPO Reno A」から、そろそろ機種変更したいと考えているなら、価格も下がり、さらにコスパも向上しているおすすめの逸品です。

【OPPO 公式楽天市場店】はこちらから

1.端末利用状況の確認

1)全体的な確認-「デジタルウェルビーイング&保護者による使用制限」画面

①設定画面で、「デジタルウェルビーイング&ペアレンタルコントロール」をタップします。
②「デジタルウェルビーイング&保護者による使用制限」画面になります。
ここでは、その日の今までの
・総利用時間
・利用した時間が長いアプリ
・端末を起動した回数
・通知件数
の確認ができます。

③円の中をタップすると、さらに詳しい利用状況がわかる「ダッシュボード」画面になります。

2)日付別の確認-「ダッシュボード」画面

 「ダッシュボード」画面では、4週間分の日々の
④総利用時間と利用時間が長い順のアプリ一覧
⑤総通知件数と通知が多い順のアプリ一覧
⑥総起動回数と起動が多い順のアプリ一覧
の確認ができます。





3)アプリごとの確認

 アプリ一覧のアプリ名部分をタップすると、そのアプリの日々およびある日の時間帯での
・利用時間
・通知件数
・起動回数
の確認ができます。

2.1日の利用時間を設定

 アプリの利用時間を確認して、ゲームアプリなど長時間使いすぎているなと感じたら、自ら一日の利用時間を制限することができます。

①「ダッシュボード」画面では、アプリ名の右横にある「砂時計」アイコンをタップします。
②各アプリ画面では、「アプリタイマー」をタップします。
③「アプリタイマーの設定」画面になるので、時間を決めて「OK」をタップします。

※「おやすみモード」「サイレントモード」については、こちらをご覧ください。
【OPPO Reno A】鳴動制限機能「サイレント」と「おやすみモード」について

【楽天】世代別売れ筋ランキング

-OPPO
-, , ,