NIFの楽園

主にAndroidスマートフォンやアプリに関する紹介

【ASUS Zenfone 6】節電対策 バッテリ関連管理ツール「PowerMaster」の使い方

2019/09/12

 「ASUS Zenfone 6」は、5,000mAhの大容量のバッテリーを搭載していますが、無駄に電池を消費しないように、節電対策は必要です。

・PowerMaster(Ver:7.0.0.45.190808)





 

1.「PowerMaster」を起動する方法

1)「電池」設定画面から

①設定画面で「電池」をタップします。
②「電池」画面から「PowerMaster」をタップをします。

2)「モバイルマネージャー」から

①設定画面で「拡張機能」をタップします。
②「拡張機能」画面で、「モバイルマネージャー」をタップします。
③「モバイルマネージャー」画面で、「PowerMaster」タブをタップします。

3)ホーム画面上のショートカットアイコンをタップします。

(ショートカットの作り方)
①「PowerMaster」の「設定」画面で、「PowerMasterのショートカットを作成する」をタップします。
②「自動的に追加」をタップします。(または、アイコンを長押しして、ホーム画面上までドラッグ&ドロップします。)
②ホーム画面上に「PowerMaster」のショートカットアイコンができます。




2.設定

3.自動起動マネージャー

 「PowerMaster」のダッシュボードの「自動起動マネージャー」をタップします。
または
 「クイック設定パネル」の「自動起動マネージャー」をタップします。

 特定のアプリ(使用頻度が少ないとか)について、バックグランドで自動起動する(勝手に動いている)ことを拒否(却下)することができます。
 拒否(却下)することで、メモリーを解放して、バッテリーの消費を抑えることができます。

 アプリを並べ替えると「許可」「却下」のアプリが明瞭になります。




4.バッテリーモード

 「PowerMaster」のダッシュボードの「バッテリーモード」をタップします。
または
 「クイック設定パネル」の「バッテリーモード」をタップします。

①3つのバッテリーモード「スマート」「省電力」「スーパー節約」が用意されています。
②電池残量によって、バッテリーモードを自動的に切り替えることができます。
③「時間帯」(特に夜間)によって、バッテリーモードを自動的に切り替えることができます。

5.節電オプション

 「PowerMaster」のダッシュボードの「節電オプション」をタップします。

①「クイック設定」:省電力に役立つ機能のON/OFF等の切り替えができます。「自動輝度」「画面タイムアウト」以外は、本来のクイック設定パネルに存在しています。
②「不要なアプリを終了する」:バックグランドで起動しているアプリを終了させます。




6.バッテリーケア

 「PowerMaster」のダッシュボードの「バッテリーケア」をタップします。

 バッテリーを100%充電完了後に、さらに充電を続けると、バッテリーの劣化の原因になります。
 バッテりーが劣化するとバッテリの最大容量が減ります。
 充電状態を長く放置する場合(特に夜間)、時間帯を設定して、その間の充電率を調整することができます。

7.スキャン

 「スキャン」をすると、電池消費を抑える「推奨される最適化内容」が表示されます。
 その提案がスマートフォンの利用に支障のない場合は、その指示に従ってください。

-ASUS Zenfone 6
-, , , ,