NIFの楽園

主にAndroidスマートフォンやアプリに関する紹介

【ASUS Zenfone 6】「ナビゲーションバー」のカスタマイズと使い方

1.「ナビゲーションバー」のタイプ

 「ナビゲーションバー」のタイプとして、3つ用意されています。

・ナビゲーションバー(デフォルト)
・ナビゲーションジェスチャー
・ホームボタンを上にスワイプ





2.「ナビゲーションバーのタイプ」のカスタマイズ

①設定画面で、「ディスプレイ」をタップします。
②「ディスプレイ」画面で、「ナビゲーションバー」をタップします。
③「ナビゲーションバー」画面で、「ナビゲーションバーのタイプ」をタップします。

④「ナビゲーションバーのタイプ」画面になるので、いずれかのタイプを選択します。




3.それぞれの「ナビゲーションバー」のタイプの使い方

1)ナビゲーションバー

 ナビゲーションバーに、①「戻る」ボタン、②「ホーム」ボタン、③「マルチタスク」ボタンが配置される今までのスタイルをそのまま引き継いだものです。

・ボタンの位置を左右逆にすることもできます。
・また、「マルチタスク」ボタンを長押ししたときの機能(「マルチウィンドウ」または「スクリーンショット取得」)を割り当てることができます。

※「ホーム」ボタンを長押しすると「Googleアシスタント」が起動します。

2)ナビゲーションジェスチャー

 画面外下から上方向にスワイプするとナビゲーションバーが表示されます。
 スワイプする位置によって、①「戻る」、②「ホーム」、③「マルチタスク」が機能します。

※スワイプして、そのまま画面上でキープすると、上記のボタン長押しと同じ効果が得られます。 

1)の「ナビゲーションバー」と同様に
・機能する位置を左右逆にすることもできます。
・また、「マルチタスク」の機能を割り当てることもできます。




3)ホームボタンを上にスワイプ

 ナビゲーションバーにピル型の「ホーム」ボタンがひとつ表示されます。(※本家「Android 9」の機能に近いです)

・「ホーム」ボタンをタップ⇒ホーム画面へ
・「ホーム」ボタン上を上方向にスワイプして途中で止める⇒最近使用したアプリ画面へ
・「ホーム」ボタン上を上方向に最後までスワイプ⇒ドロワー画面(アプリ一覧)へ
・「戻る」ボタン⇒戻る画面があるときに表示されます。

・「ホーム」ボタンを長押し⇒「Googleアシスタント」が起動
・ナビゲーションバー部分を軽く押さえて左右にスワイプ⇒素早くアプリの切り替えが可能

 

4.「ユーザー補助機能メニュー」ボタンとの親和性

・ナビゲーションバー(デフォルト)⇒OK
・ナビゲーションジェスチャー⇒NG
・ホームボタンを上にスワイプ⇒OK

※「ユーザー補助機能メニュー」については、こちらをご覧ください。
【ASUS Zenfone 6】セットアップ後、最初にしておきたい設定

-ASUS Zenfone 6
-,